入塾申込受付中

いつでも2週間無料で体験入塾できます。各学年残席わずかです!

定員に達し次第、募集は締め切らせていただきますので、 入塾のお申込はお早めにお願いいたします。

詳しくはお電話かEメール、またはお問い合わせフォームでお気軽にどうぞ。

新風館の授業はここが違います

授業が違うから、結果も違う。新風館の授業で、 確かな学力と考える力を身に付けよう!

少人数の授業です

 1クラス最大10名まで(小学生は8名、中3は12名)の少人数制の授業です。 講師は生徒ひとりひとりの表情・仕草にまで気を配り、誰がどの問題でどう間違ったのかすべて把握しています。 授業中は講師・生徒間の対話が多く、能動的に学習に取り組む姿勢が自然と身に付きます。

学力に合わせて受ける授業を選べる

 新風館の授業は1科目週1回から受講可能。 とくに、英数国は学年に関係なく、学力に応じて自由に組み合わせて受講できます。 また、1教科だけなら低価格で受講でき、 たくさん受講すれば割引額が大きくなる料金体系になっていますから安心です。

小中高一貫教育を行っている

 小学生のうちから大学受験を視野に入れて指導しています。 特に、「公立の小中学校から公立トップ高に進学し、現役で有名難関大学に入る」ためには、 「『なぜそうなるのか』を理解し、理解した事柄をもとに、じっくり考える姿勢」を身に付けることが絶対条件です。 「テストで解ければそれでOK」であるとか、 「高校受験が終わった後は面倒を見ません」という無責任な教え方は決していたしません。

演習だけの時間を用意しています

 どれだけ分かりやすい授業を受けていても、実際に自分で問題を解かなければ学力は向上しません。 そして、演習は宿題として自宅で解くだけでは不十分。 ですから、中学生と一部の高校生には指導者の監督下で演習をする時間を用意しています。

 新風館ではその演習時間として、レベルUPテストの時間を用意しています。

経験豊かなベテランが専門科目を指導しています

 授業を行うのは、20年以上の経験と数々の実績を重ねたベテランだけです。 長年専門とする教科を指導し、経験と数々の実績を重ねたベテラン講師には「説得力」と「指導力」があります。 そして、最適な授業を日常的に産み出せるのは、ベテランだけです。

 塾生による講師紹介はこちらからどうぞ。

高校部の一部の授業は一般の方も受講可能

 学問に年齢は関係ありません。高校範囲を学びたい方は、 高校生でなくても高校部の一部の授業を受講することが可能です。 スキルアップのため、お子様に勉強を教えるため・・・などなど、 「学びたい」という気持ちを持っている皆様を応援いたします。

更新情報

  • 2017/05/23:生徒が作成した「クマさんジャンプ」ゲームへのリンクを追加しました。
  • 2017/05/23:2016年度のページへのリンクを削除しました。
  • 2017/03/02:2017年度の内容にあわせ、全面的に変更いたしました。
  • 2017/01/11:中1の教科書クラスを廃止し、中1・2対象の新入塾者専用クラスを新設しました。
  • 2016/04/21:Googleマップに新風館が表示されるようになりましたので、それに対応しました。
  • 2016/03/04:各ページの内容を2016年度のものに変更しました。
  • 2015/12/28:「講師紹介」を変更しました。
  • 2015/12/10:新風館の教育方針の写真を一枚入れ替えました。
  • 2015/12/04:生徒作成のブロック崩し「BlockBreak」を追加しました。
  • 2015/06/11:Q&Aに項目を追加しました。
  • 2015/05/19:時間割のPDFファイルにあった誤りを修正しました。
  • 2015/04/09:2015年度の通常授業がスタートしました。
  • 2015/02/27:過去の合格実績を更新しました。
  • 2015/02/27:時間割を2015年度版に変更しました。
  • 2015/01/17:「講師紹介」に追記しました。
  • 2014/12/12:「お問い合わせフォーム」を追加しました。
  • 2014/12/12:写真の入れ替えと追加を行いました。
  • 2014/12/11:スマートフォン用ホームページをリニューアルしました。
  • 2014/12/03:ホームページをリニューアルしました。

新風館の住所・電話番号

〒653-0854
神戸市長田区平和台町2丁目1−24 新館 翠1,2F(新風館へのアクセス方法はこちら)
TEL/FAX  078−631−0690 (平日 13:30〜22:30)
E−Mail:webmaster@shinpukan.com
<御来塾の前に、まずお電話・Eメールをお願いいたします>

ページ上に戻る

リンク

塾長北風の著書です