トップ教育方針 > 教育に三つの段階あり

教育に三つの段階あり 〜より良い人生を送る為、本物の学ぶ力を身につける為に〜

我々新風館は、教育には以下の三つの段階があると考えています

  • 第一段、学習以前〈学習する為に不可欠な前提を身に着けさせる〉
  • 第二段、知識伝達〈近代社会を生き抜く為に必要な知識を教える〉
  • 第三段、自己実現〈自分で伸ばしたいと思う能力を磨いてゆく〉

第一段、学習以前

 第一段階は、

これらは、以前なら、みんな小学校の段階で普通に身についていたものですが、昨今では、中学生でもほとんどの子供が習得できていません。まずは学習の前提となる集中力と記憶力、そして何より、やるべきことをきちんとやるのが当然と感じる、そういう心構えを持って通塾することを教えなくてはなりません。

新風館では、この段階の教育を小学部で行っています。

第二段、知識伝達

 これは、一般にイメージされる通りの教育、いわゆる知識教育(知育)です。新風館では、これを中学部発展クラスで行っています。ただ知識教育と言っても、私達は試験でいい点が取れればそれで良しとは考えていません。なぜなら、それだけでは決して第三の段階(後述)に進むことはできないからです。

 たとえば、中学生以上の入塾希望者に実施しているアンケートの中に「なぜ塾へ通うのですか」という設問があるのですが、皆さん判で押したように「学校の成績を上げたいから」「良い学校に入りたいから」とこたえます。しかし、「じゃあその先はどうするつもりなん?」と尋ねると、「いい会社に入りたい」「いい仕事に就きたい」とのこたえが返って来ます。もちろん、それはそれで構わないのですが、重ねて「それはどんな仕事?」とか「それで君は幸せなん?」とか「その先はどうするつもりなん?」と問うと、みな呆然とします。今の子供達はみんな「自分は一体どういう人間になりたいのか」という何よりも大切な問題をきちんと考えたことがなく、受け売りをしているだけなのです。深く考えずに、塾や学校の先生や勉強しろとうるさい親たちが喜ぶであろうと思われることを言っているだけなんですね。

 でも、よく考えてみて下さい。子供たちにそういう答えをさせてしまう社会、それって随分と無責任です。今は一生懸命勉強してよい大学を出ても就職が保証される時代ではありません。また、たとえ希望する企業に就職できても、そこで自分が望むような仕事ができるわけでもありませんし、その身分がずっと安泰なわけでもありません。

 もちろん、今でも学歴は重要です。しかし、それだけで成功が約束されるわけではありません。年功序列・終身雇用が終焉を迎えた今、学歴は必要条件であっても、けっして十分条件ではないんです。ですから、必要条件を手に入れるだけでピーピー言っているようでは駄目なんですね。

 私は昔、別の職種でも会社経営に携っていた経験があるのですが、雇う側の立場から言わせて頂くと、学歴だけの人材なんてちっとも欲しくはないんです。その人がそれまで何をして来たのか、どのように生きて来たのかの方がずっと大切で、それを自らの言葉で語れる人が欲しい。それを聞いて「果たしてこいつは仕事ができるようになるか」を判断するのです。

 そのための教育が第三段階です。

第三段、自己実現

 これは、それぞれが一体自分に何ができるのか悩み、苦しみながら自分を見出していく段階です。この段階に達した学習者は、自ら学びたいことを選択する自由を手にしています。ただし、その結果に対する責任やリスクも自分で引き受けなければなりません。自由には必ず責任が伴うのです。

 伸ばす能力を選択するということは、同時に他の能力をあきらめるということでもあります。ですから、もし選択を誤れば、それこそ何年も経ってから、それが自分に向いていないことだったと気づくことになるかもしれません。それでも、伸ばす能力を選択する勇気があり、それを伸ばす努力ができる人にしか明るい未来はないと思います。

 リスクを理解し、納得したうえで前に進む覚悟ができる者だけが、自己を実現してゆくことができ、また、社会から必要とされる人材になり得るのです。

 新風館ではこの段階の教育を高校部で行っています。適切なタイミングで適切な助言を必要とする非常にデリケートな段階です。この段階へ進むには、中学生の間にきちんと第二段階までをクリアしていることが絶対条件になります。

 長年この仕事をしていて痛感するのは、高校生になってからでは、もう第一、第二の段階をやり直すことができなくなるということです。我々はこれを「15歳の壁」と呼んでいるのですが、きっと頭脳や人格のどこか致命的に重要な部分が柔軟性を失って固定しまうからなのでしょう。ですから、新風館では原則として高校部からの入塾をお受けしていません。

 我々は上述のように、学歴だけではない本当の意味で優秀な人材を世に送り出すことを目標に、新風館を創設致しました。これは1997年の創設以来、不変の目標であり、新風館の存在意義であると思っております。我々の教育指針に賛同していただける皆様のお越し頂けることを心よりお待ち致しております。

ページ上に戻る

リンク

塾長北風の著書です