トップ > 高校部

高校部  ”No Gain,No Life!”  「進歩なくして未来なし」

  1. まずは、小〜中で身につけた知識をフル活用し、各教科の持つ奥の深さを体験することから
  2. どの教科にしても、自分が進歩しつづけないことには、極めるのは無理だということを知る
  3. 自分の未来を切り開いてゆくために必要な、本物の学ぶ力とは一体何なのかを知ってもらう
  4. 受験教科などに縛られず、実社会に出てから役立つ知識・技能(コンピュータプログラミング、経済学、法律、哲学などなど)をも養成する

高校部Aクラス

高校部Aクラスの授業は、レベルUPテストでレベル80に達していないと受講できません。
レベルUPテストについては、こちらをご覧ください。

【 定員10名 】

高校部Aクラス 授業料(月額)・時間割

講座名時間帯授業内容単位数
数IA発展編 (火)6:50〜8:20 センター試験で高得点を取るための講座
数IIB発展編 (金)6:50〜8:20 センター&私大試験で高得点を取るための講座
数III (金)5:00〜6:30 有名大学理系進学のための講座
英文読解A (水)5:00〜6:30 有名大学受験のための英文読解講座
英文法A (木)6:50〜8:20 英文を読み解くための応用文法講座
国語A (木)5:00〜6:30 国語の応用力養成講座
物理化学 (火)5:00〜6:30 物理と化学の基礎を正しく身につけるための講座
数IA基礎編 (火)8:30〜10:00 中学範囲を絡め数学的思考を鍛える講座
数IIB基礎編 (金)8:30〜10:00 教科書レベルの内容を理解するための講座
英文読解B (木)8:30〜10:00 大学受験のための基礎英文読解講座
英文法B (水)8:30〜10:00 英語の基本構造を理解するための基礎講座
国語B (水)6:50〜8:20 国語の基礎力養成講座
国語特別 (土)3:00〜5:00 言語思考力向上のための講座※

※土曜日は1ヶ月に2回(講習がある月は1回になります)

単位数計授業料(月額) 単位数計授業料(月額)
2単位12000円 6単位27000円
3単位18000円 7単位29000円
4単位21000円 8単位以上30000円
5単位24000円

その他の費用

入塾金10000円 入塾時のみ頂戴いたします。
塾長の著書( 流されない行き方-The way to go- )をご購入頂いた方は免除。
教材費1教科2000円程度 年度はじめまたは入塾時に頂戴いたします。
講習受講料講習による 春夏冬の各講習ごとにお申し込み頂き、申し込まれたときにご請求いたします。

◎金額はすべて税抜き価格です。別途消費税がかかります。

今年度の時間割を、PDFファイルで用意しております。よろしければこちらからご覧ください。

2013年高校生合宿のときの一枚

ページ上に戻る

高校部Bクラス

高校部Bクラスに受講資格はありません。どなたでも(高校生でなくても)受講できます。

レベルUPテストでレベル80以上に達した人は、Aクラスの受講資格を得ることができます。
レベルUPテストについては、こちらをご覧ください。

【 定員10名 】

高校部Bクラス 授業料・時間割

講座名時間帯授業内容単位数
数IA基礎編 (火)8:30〜10:00 中学範囲を絡め数学的思考を鍛える講座
数IIB基礎編 (金)8:30〜10:00 教科書レベルの内容を理解するための講座
英文読解B (木)8:30〜10:00 大学受験のための基礎英文読解講座
英文法B (水)8:30〜10:00 英語の基本構造を理解するための基礎講座
国語B (水)6:50〜8:20 国語の基礎力養成講座
国語特別 (土)3:00〜5:00 言語思考力向上のための講座※
レベルUP
テスト
(月)8:10〜10:00 上記英・数のいずれかの講座を受講した人

※土曜日は1ヶ月に2回(講習がある月は1回になります)

単位数計授業料(月額) 単位数計授業料(月額)
2単位13000円 7単位34000円
3単位19000円 8単位36000円
4単位24000円 9単位38000円
5単位28000円 10単位以上40000円
6単位31000円

その他の費用

入塾金10000円 入塾時のみ頂戴いたします。
塾長の著書( 流されない行き方-The way to go- )をご購入頂いた方は免除。
教材費1教科2000円程度 年度はじめまたは入塾時に頂戴いたします。
講習受講料講習による 春夏冬の各講習ごとにお申し込み頂き、申し込まれたときにご請求いたします。

◎金額はすべて税抜き価格です。別途消費税がかかります。

今年度の時間割を、PDFファイルで用意しております。よろしければこちらからご覧ください。

ページ上に戻る

リンク

塾長北風の著書です